MARKETING

私がいちばん大事にしてきたこと

 日高

私がいちばん大事にしてきたこと

はじめまして日高です。

アンダス設立12年、私のプランナー歴も12年。
昨日は懐かしい写真がブログにアップされてましたね、しかし皆若い!時が経つのは早くて切ないものですね…(笑)

最近のマイブームは”筋力アップでー10歳”。
代表の前田がゴリ押しするFeel Cycleに週2回、若返りに期待!

ブログテーマですが、あれこれ迷いました。最近話題の健増法の新ルール? SMSの事例? CRM?…。
ですが今回はプランナーとして私がいちばん大事にしてきたことをお話できればと思っています。

 

商品の話をたっぷり聞くこと

hidaka01_380

アンダスにお客様からコンサル依頼をいただいた際は、事業計画から、広告予算、見込み客数、新規顧客数、既存顧客数、引き上げ率、リピート率、購入回数、粗利率、CPA、CPO…など、現状把握をさせていただくために、様々な項目についてヒアリングをさせていただきます。
その中で私が最も大事に時間をかけるのは商品に関することです。
商品について質問されると、大抵のお客様はノリノリで商品の自慢をしてくれます。聞かれはじめて「それが強みだったんだ!」と改めて商品の良さを再確認するお客様もいらっしゃいます。

「商品のこだわりをどれだけ語れるか?」

hidaka02_380

そして、この商品力は、”新規顧客を効率よく獲得して、既存顧客を囲い込む”という単品通販の2軸に絶対に欠かせない単品通販の大原則ともいえるのです。語れない商品は売れません。

 

<単品通販で成功できる商品の8つのポイント>

DMN_2

*DMN通販セミナーより引用

「自社の商品を、社員自らが愛用している」

商品力のある会社では、ご担当者自身が商品を使っている場合が多いです。

私の場合、商品理解を深めていうちに、お客様の顧客になっているパターンは結構あります(笑)。

そしてお取引が決まったあとは、デザイナーやライター、SEMのトレーダーなど、プロジェクトに関わる全てのメンバーには「商品理解」を深めてもらいます。

お客様とともに、ユーザー視点に立って動かせるプロジェクトは、早い段階で、当初立てたシミュレーションを上回り、ほとんどのケースで事業拡大に成功しています。

 

アンダスイズムを繋いでいくこと

これまで私は、プロジェクトの成功のために、「これで本当にいいのか?」と常に自問自答し、120%の力を出すことにこだわってきました。それを仲間に求めてしまい、衝突することもたくさんあったと思います。

「全てはお客様の満足のために」

設立当初から、このスタンスだけは変わりません。
常に納得のいく仕事をして結果を出すことにストイックにこだわる。気づいたらいつもそうなので、これは仕方がないことです。

伝統が同じ技術や材料を使いつつも新しいことに挑戦し革新していくものであるのに対し、伝承は古くからのものをそのまま後世に伝えていくことである。

これから先も”伝承”していきたいもの

hidaka03_380

全てはお客様の満足のために、成果にとことんこだわり、チームで結果を出し、チームで喜びを分かち合う。アンダスイズムは、これからも続いていきます。

 

RANKING