ADVERTISING

【改善事例】パフォーマンス向上!~”インプレッションシェア”の改善でどのくらい変化するのか~

 higashi

【改善事例】パフォーマンス向上!~”インプレッションシェア”の改善でどのくらい変化するのか~

新規のご相談をいただく時に、最初によく言われることがあります。 それは、「CPAを維持(改善)しつつ、もっとCVを拡大したい」ということです。
リスティング広告に携わって、一番聞いた言葉かもしれません…そして一番難しい課題だと思っています。

つい最近、実際にこのようなご相談をいただいたので、事例としてご紹介したいと思います。

「何かおかしな設定はないか」、「無駄なコストが掛かっていないか」など、
現状のアカウントの設定内容や、運用状況などを把握をする必要がありましたので、配信データを一部共有いただき、課題点を探っていきました。

アカウントを分析する時に、アカウント構成・キーワード・広告・LPなど、色々と確認していきますが、 その中でも今回特に気になったものが「インプレッションシェア」でした。

▼ インプレッションシェアとは?

インプレッションシェアとは、広告が表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合のことである。
Google広告 ヘルプ「インプレッションシェアについて」

例えば、インプレッションシェアが50%であれば、何らかの理由により50%は表示機会を逃しているということになります。
インプレッションシェアの数値が下がってしまう直接的な理由としては以下の2つが挙げられます。

  • 日予算の不足
  • 入札額、あるいは広告品質の低さにより検索結果ページに表示されない

それぞれ、Google広告であれば「検索インプレッション シェア損失率(予算)」「検索インプレッション シェア損失率(広告ランク)」
Yahoo!スポンサードサーチであれば「インプレッション損失率(予算)」「インプレッション損失率(掲載順位)」の指標にて確認することができます。

▼ 相談を受けた不動産案件

今回、不動産業種のお客さまより、「入札調整や広告の最適化など様々な工夫を行ったが、CV数・CPA共に上手く改善することができず困っている」というご相談を受けました。

アカウントの数字を見せていただいたところ、確かに広告は色々とABテストをしていたりと、クリックしたくなる素晴らしい広告が沢山入っていたのですが、
インプレッションシェアが58%と低い数値で、予算不足によるインプレッションシェアの損失が25%も発生していることが分かりました。

【アカウント全体数値】
9e5edede3eca999967c5ecedf4083c5a
※一番CVが多く獲得できていたキャンペーンをみると、予算不足によるインプレッションシェアの損失が40%もありました。

▼ 予算によるインプレッションシェアを改善するために確認できること

1. 日予算設定を引き上げることはできないか

対象のキャンペーンのCPAが、アカウント内で比較的低いのであれば、日予算を引き上げ、オークションへの参加機会を増やす。

2. CVに繋がらない検索語句によるクリックが行われていないか

検索語句レポートを確認し、明らかにCVに繋がらない語句による無駄なクリックが発生していないかを定期的に調べ、除外登録を行う。

3. 極端にクリック単価が高いクリックが発生していないか

自動入札を利用しているとき、平均クリック単価の10倍を超える高額クリックが日あたり数回発生していることも。
可能であれば、ポートフォリオ入札設定の上限クリック単価機能を使用することで対策を行う。

▼ 結果

上記で述べた内容を確認し、改善を行った結果がこちらです。
97def6c469d59fd92c5085c30f20d3eb

▼ まとめ

いかがでしたでしょうか。
基本的な部分を見直すことで、本来のパフォーマンスが発揮できるようになった事例の紹介でした。

また、広告の表示回数を増やすことで広告の品質改善にも繋がったためか、なんとクリック単価が3割も改善する効果もありました。
意図していない予算によるインプレッションシェアの損失がある場合は、是非一度確認をしてみてください。
※Google広告で、2018年の11月より導入された「ページ最上部・上部のインプレッションシェア」の指標は今後大事になってきますので、こちらも合わせて確認することをオススメします。

今後は事例だけではなく、運用テクニックやタグ回りの話なども発信していければと思っています。
「こういう内容を聞いてみたい!」「ここってどういうこと?」など、ご意見あれば是非どしどしください!(higashi@andus.co.jpまで)
まだまだ勉強中の身でありますので、日々アップデートしていけるように色んな知識を吸収していきます。

RANKING

MORE