サービス案内

ホームサービス > サイト構築

ウェブサイト構築

最適化された情報構築とブランド

サイト構築イメージ

ウェブサイトは、機能とデザインを持ちあわせたコミュニケーションツールです。ゆえにユーザーは価値を理解し、その場で行動のためのコマンドを実行することができます。逆に言えば、ウェブサイトはユーザーに適した情報を備え持つことが不可欠であり、またそれを確実に伝達するために整理して提供する必要があり、さらに信頼を与えるためのブランドイメージやサポートを考えなければなりません。
ユーザー視点からの適した情報構築を仕上げるために、制作にとりかかる前にしっかりとヒアリングを行い、ニーズ調査やプロモーション展開を踏まえて、それに従って効果的にユーザーに情報提供できるような構成となるよう内容を整理していきます。このことは成果目標を達成していくことに対して大変重要な要素になります。
アンダスでの制作体制には、経営的な視点からマーケティングコンサルタント、デザイナーにより的確な訴求ポイントを捉え伝達し、要求に最適化された機能を提供するプログラマーと工程管理をするディレクターとがひとつのプロジェクトに対応しています。 信頼の裏付けは、目に見えない部分にもあります。現在のトレンドをしっかりと理解してご提案を行ないます。今後ますますの発展が予想されるウェブサイトでは、 いままで無秩序に放置されていたものが、法的な対応が図られてきています。アンダスではこうした業界に標準な対応を志しています。
■実践方法
国際標準 W3C HTMLの最適化を行ないます。
細かなデザインの対応をHTMLにおいて行なっているため、ブラウザに依存した表示を余儀なくされているサイトのコーディングを、Webの機能や操作上の共通性を国際標準(W3C)に合わせたXHTML+CSSにおける実現を行い、より多くのユーザーに対して正常な動作を提供します。
個人情報保護 昨今における個人情報流出における問題に対して、弊社ではクライアントとの契約において個人情報の項目を持ち、お客さまからお預かり管理する個人情報に対しては、コンプライアンスプログラムに基づいた対応を致します。
ユーザビリティチェック ウェブサイトのインターフェイスの構築に対して、判読性・ボタン操作などユーザビリティの検証を行ない、成果達成までの効率を向上します。
アクセシビリティ
経済産業省により、2004年6月20日に日本工業規格「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ」が策定されました。ウェブサイトにおけるバリアフリーへの対応が要求されています。アンダスはJIS X8341-3への対応を可能な範囲で対応していきます。


その他、さまざまなリソースとウェブサイトの連動でお客さまのサイトの価値を最大化していきます。上記に挙げている項目は、一般的な手法のプロモーションのサービスを挙げています。弊社では、企業様とのヒアリングの上で戦略的に効果のあるご提案を行なっています。
》 お問い合せ
トップへ